育児と仕事のバランス

両立するための工夫をしよう

育児などの予定を組みやすいシフト制の仕事

おすすめ記事

自分だけの時間がない 自分だけの時間がない

両立に悩む方へのサイトです

当サイト管理人も子どもが生まれた時に退職をしていなかったので、復帰後は育児と仕事の両立にとても頭を悩まされました。そうした経験を他の人の役に立てられたら救われる人は大勢いるのではないかと思い、当サイトの運営を行っています。なお管理人への連絡はこちら宛にお願い致します。

予定管理しやすいシフト制勤務がおすすめ

シフト制の仕事で働こう

シフト制勤務という選択肢

シフト制勤務という選択肢

仕事と子育てを両立したいと思っても子どもが幼いうちはどうしても限界が生じてしまう場合も多いでしょう。そこでここでご提案したいのが、あえて正社員という立場にこだわらずにシフト制の仕事を探すという選択肢です。もしお金があり余るほどあってそもそも働く必要がないのであれば専業主婦となって子どものために自分の時間を使ってあげることもできますが、そうしたことを言ってみても始まらないので現状の中で最も良い選択肢は何になるのかを考えたほうが良いでしょう。正社員の仕事は確かに金銭的な部分やキャリア的な部分でメリットが大きいのですが、そうは言っても子どもが幼いうちの育児は本当に大切な我が子の一生を決めてしまいかねないほどの重要事項です。多少の金銭的なデメリットやキャリア上のデメリットを受け入れたとしてもそれに見合うだけの価値があることという考え方もあるのです。

休みが取りやすい

具体的にシフト制の仕事のメリットを見ていくと、まずはシフト制の仕事は当人の希望に基づいてシフトが組まれるため休みを希望の日に取りやすいという点が挙げられます。また正社員のように8時から17時までというような縛りもないので、例えば午後からの出社や夕方前の退社なども可能になるでしょう。また1日に8時間外で働こうとすると休憩時間や移動時間も合わせるとなんだかんだ10時間以上は家を空けなければいけません。しかしシフト制の仕事で5時間などであれば休憩を取る必要がないので6時間程度しか家を空けないことになり、これくらいの時間であれば捻出できるという場合も多いのです。
当然このようにスケジュールの調整が効くので、例えば子どもの幼稚園や学校の行事に合わせて仕事を休むことも可能です。子どもの運動会などのイベントは子どもの勇姿を目に収める貴重な機会です。子どもは大人が思っている以上のスピードで成長していくので、また来年見れば良いかと油断しているとあっという間に幼稚園や学校を卒業していまします。

日常の用事を済ませやすい

またシフト制の仕事は育児の部分以外でもメリットが大きく、それは銀行や役所などへも出かけやすいということです。こうした公共的な位置付けの機関は夜間対応や休日対応をしてくれるところが少なく、普通の時間帯で働いているとなかなか用事を済ませることができません。しかし子どもが生まれると役所関連の用事が多くなりますし、子どもの将来のための保険や貯蓄などの関係で銀行への用事も増えていきます。こうしたことへ使う時間を捻出しやすいのもシフト制の仕事を選ぶ大きなメリットと言えるでしょう。

注目のカテゴリー

子どもの成長を左右する育児はキチンとしたい!
子どもの成長を左右する育児はキチンとしたい!

ぜひ読んで欲しいトピックス

予定管理しやすいシフト制勤務がおすすめ
予定管理しやすいシフト制勤務がおすすめ
育児も仕事も充実させよう!
「三つ子の魂百まで」は本当
「三つ子の魂百まで」は本当
子どもの成長を左右する育児はキチンとしたい!