育児と仕事のバランス

両立に悩む方へのサイトです

当サイト管理人も子どもが生まれた時に退職をしていなかったので、復帰後は育児と仕事の両立にとても頭を悩まされました。そうした経験を他の人の役に立てられたら救われる人は大勢いるのではないかと思い、当サイトの運営を行っています。なお管理人への連絡はこちら宛にお願い致します。

自分だけの時間がない

子育てを乗り越える

休む時間もない

休む時間もない

子育て中の女性は誰しも大なり小なりストレスを抱えてしまうものですが、その一番の理由は自分の時間をほとんど持てないことです。まず物理的にとても忙しくなってしまうので、休息を取る時間すら満足にもつことができません。しかし人間は基本的に最低限の休息を必要としている生き物であり、例えば食事の時間や入浴の時間、一息つく時間などがないと参ってしまいます。特にいくら忙しいからといって、睡眠時間を削るようなことは問題があり、睡眠によって人間の体や心は回復するようにできているので、その時間を削ってしまうと心身は加速度的に病んでいってしまうのです。

自由に出かけられない

また自分の時間がないという観点では、リフレッシュのために気軽に出かけることができなくなることも大きいでしょう。リフレッシュ目的ではなくとも、自分で計画を立てた外出というものは近所への買い物レベルであっても子どもがいると難しくなってしまいます。人間は基本的に自分で考えたことを実行に移せないと大きなフラストレーションを感じるようにできており、いくら子どもが可愛くともその存在によって自分の計画が乱されることに対しては多くの母親はストレスに感じているのです。

2人目はさらに大変

また子育て中に多く発生する悩みとしては、1人目の時以外に2人目の子育て特有の悩みというものもあり、それは上の子と下の子の生活リズムや成長過程の違いに起因します。例えば5歳の子どもと1歳の子どもでは当然活動範囲も異なりますし、生活リズムも異なります。しかし両者ともに親の庇護を必要とする存在であるということは変わりません。そのため両方に対して気を配らなければならないのですが、それぞれが異なるリズムで生活してしまっているためにその子どもへ目を向ける負担の大きさがとんでもないことになってしまうのです。

夫の協力も仰ぎつつリフレッシュ

こうした状況を解決するために一番良い方法はシンプルですが、まずは夫の協力を仰ぐことと言えるでしょう。真面目な人ほど自分1人で何もかも背負おうとしてしまいますが、そうすればどんなに強い人でも参ってしまいます。しかし夫の協力を得られれば、自分の負担が大きく減ってくれることになるのでだいぶ楽になるでしょう。またそうして生まれた余力を自分のリフレッシュタイムとして、例えば早起きして好きな本を読んだり好きなコーヒーや紅茶を飲んだりする時間を作ったりするとまた頑張る活力を手に入れることができます。こうした工夫を行うことでハードな子育てを乗り越えていくと良いでしょう。

注目のカテゴリー

子どもの成長を左右する育児はキチンとしたい!
子どもの成長を左右する育児はキチンとしたい!

ぜひ読んで欲しいトピックス

予定管理しやすいシフト制勤務がおすすめ
予定管理しやすいシフト制勤務がおすすめ
育児も仕事も充実させよう!
「三つ子の魂百まで」は本当
「三つ子の魂百まで」は本当
子どもの成長を左右する育児はキチンとしたい!