育児と仕事のバランス

両立するための工夫をしよう

育児と子どもの成長について

両立に悩む方へのサイトです

当サイト管理人も子どもが生まれた時に退職をしていなかったので、復帰後は育児と仕事の両立にとても頭を悩まされました。そうした経験を他の人の役に立てられたら救われる人は大勢いるのではないかと思い、当サイトの運営を行っています。なお管理人への連絡はこちら宛にお願い致します。

子どもの成長を左右する育児はキチンとしたい!

子どもの成長を左右する育児はキチンとしたい!

どのような育児を行うのかと子どもがどのような成長を迎えるのかということの間にはとても大きな相関関係が存在します。幼児期のうちに親の愛をたっぷりと受けて育った子どもは精神的に安定し自信を持ちやすくなるので、将来自発的に色々なことに挑戦し、たとえ失敗してもめげないので成長を遂げていきます。一方あまり親の愛を感じることなく育った子どもはいつも不安を抱え、それらが他者への暴力性や自分自身の無気力などの症状となって現れてきてしまいます。

「三つ子の魂百まで」は本当

詳細
「三つ子の魂百まで」は本当

三つ子の魂百までと言って、幼い頃に受けた教育や身につけた習慣は大人になっても抜けることはないという意味の諺がありますが、この諺は多分に真実を含んでいます。実際に様々な研究によって人間の基礎的な能力や人格に与える幼少期の教育や環境の影響の大きさが確認されているのです。そこで将来子どもに幸せになって欲しいと思うのであれば幼児教育には特に力を入れましょう。ただそうは言っても特別なことをする必要はなく、親子のコミュニケーションの密度が一番大切な要素です。

怒りすぎると不安定になってしまう

詳細
怒りすぎると不安定になってしまう

育児期間中は親にとってとても負担の大きい期間のためストレスが溜まりやすく、ともすると子どもに対して理不尽な怒りをぶつけてしまいがちですが、そうしたことは百害あって一利もありません。なぜなら幼いうちからあまりにもたくさん怒られて育った子どもからは笑顔が消えてしまうので、子どもの笑顔という育児の一番嬉しい部分を失ってしまいますし、子ども自身も将来にわたって無意識的に怒られる不安を感じてしまい悩まされてしまうからです。

思春期の非行をなくすことに繋がる

詳細
思春期の非行をなくすことに繋がる

子を持つ親の多くが抱く悩みや不安は、子どもが思春期になった頃に非行に走ってしまったらどうしようというものではないでしょうか。非行には万引きなどの窃盗行為や暴力にいじめなど他者に対するものと、自傷行為や深夜徘徊など自己完結するものがありますが、いずれにしても親としてはたまったものではありません。こうした非行を防ぐには子どもが思春期になってから教育をしたのでは遅く、幼児期のうちに非行の原因になるような攻撃性や不安などの芽を摘んであげることが大切です。

注目のカテゴリー

子どもの成長を左右する育児はキチンとしたい!
子どもの成長を左右する育児はキチンとしたい!

ぜひ読んで欲しいトピックス

予定管理しやすいシフト制勤務がおすすめ
予定管理しやすいシフト制勤務がおすすめ
育児も仕事も充実させよう!
「三つ子の魂百まで」は本当
「三つ子の魂百まで」は本当
子どもの成長を左右する育児はキチンとしたい!