育児と仕事のバランス

両立に悩む方へのサイトです

当サイト管理人も子どもが生まれた時に退職をしていなかったので、復帰後は育児と仕事の両立にとても頭を悩まされました。そうした経験を他の人の役に立てられたら救われる人は大勢いるのではないかと思い、当サイトの運営を行っています。なお管理人への連絡はこちら宛にお願い致します。

「三つ子の魂百まで」は本当

子どもの能力を伸ばそう

三つ子の魂百まで

三つ子の魂百まで

三つ子の魂百までという諺を聞いたことがある人は多いかと思いますが、その言葉の意味は良くわからないという方も多いかもしれません。人間は幼いうちにどのような教育を受けたかや、どのような環境で育ったかがその子どもの人格や能力の形成に大きく影響し、百歳になっても影響を与えるという意味の諺になります。日本人は生活の実感の中でこうした自然の法則を感じ取ったからこそこのような諺が生まれたのだと思われますが、似たようなことは近代の科学でも証明されており、実は幼いうちにどのような外界からの刺激を受けたかで人間は脳内の神経細胞の発達度合いが変わってくるという研究がたくさんあります。ここでは幼い子へどう接するとその子の能力などを伸ばせていけるのかを見ていきましょう。

ふれあいを多くし愛情を伝える

まず最も大切なことは親が子どもに接する頻度と、愛情を伝えているのか否かです。幼い子どもは親と接し愛情を貰えば貰うほど精神的にリラックスし、その状態を学習していきます。そうすると大人になっても自然とリラックスし、人に対して優しくなれるのです。また他人に対してコミュケーションをとることを自然なことと感じるように育ちますので、基本的に人から可愛がられますし他人と交流がうまくいくからこそ様々な学習機会にも恵まれさらに能力を伸ばしていくことでしょう。

見守ることの大切さ

また幼い子への接し方としては親が全ての面倒を見ようとするのではなく、ある程度子どもの自主性に任せて見守るような時間を持つことも大切です。これには2つの意味があり、まず子どもに自由に振る舞わせることによって自然と自ら挑戦し考えることを子どもが学んでいきます。また幼い子が新しいことに挑戦したり興味を持ったりした際に、親が口を出すわけではないけれども見守ると、子どもが将来何かに挑戦する時に無意識に見守られているような感覚を持つようになりますので、勇気のある積極的な人物へと育っていくことでしょう。

語りかけや読み聞かせ

また幼い子どもの子育てとしては親が積極的に子どもに話しかけたり絵本などを読み聞かせたりしてあげることも大切です。人間が幼いうちに徐々にその言語能力が鍛えられていくのですが、最も言語能力が発達するのも幼い時なのです。そうした時に親が話しかける量や読み聞かせをする量が多いと自然と子どもの言語能力は高いレベルに育っていきます。現代社会では言語能力の高さはとても重要で、それというのも論理的な思考力や読解力の基本となるのが言語能力だからです。

注目のカテゴリー

子どもの成長を左右する育児はキチンとしたい!
子どもの成長を左右する育児はキチンとしたい!

ぜひ読んで欲しいトピックス

予定管理しやすいシフト制勤務がおすすめ
予定管理しやすいシフト制勤務がおすすめ
育児も仕事も充実させよう!
「三つ子の魂百まで」は本当
「三つ子の魂百まで」は本当
子どもの成長を左右する育児はキチンとしたい!