育児と仕事のバランス

両立するための工夫をしよう

非行を防ぐ育児とは

両立に悩む方へのサイトです

当サイト管理人も子どもが生まれた時に退職をしていなかったので、復帰後は育児と仕事の両立にとても頭を悩まされました。そうした経験を他の人の役に立てられたら救われる人は大勢いるのではないかと思い、当サイトの運営を行っています。なお管理人への連絡はこちら宛にお願い致します。

思春期の非行をなくすことに繋がる

良い子を育てよう

幼児教育が思春期の非行を防ぐ

幼児教育が思春期の非行を防ぐ

何年か前から青少年、少女の非行がテレビなどでクローズアップされ、社会全体で問題視されるようになってきました。実のところ青少年による凶悪犯罪の件数などは減少傾向にあると言われており、一般に認識されている状況とは異なるのですが、それでも自分の子どもが非行に走ってしまわないかは親としてはとても気になるところでしょう。そして多くの親が思う子どもに非行に走って欲しくないという願いを実現させるためには、青少年と呼ばれるような中学生や高校生になってから対策したのでは遅いのです。なぜなら非行に走ってしまうような精神性は中学生や高校生になって急に芽生えるわけではなく、幼い頃の育てられ方や環境に依存する部分が大きいからです。
例えば幼い頃に親にきちんとかまってもらえなかった子どもは大きくなっても不安を感じやすく、人からの注目を浴びたいという気持ちが強くなってしまいます。こうした欲求をポジティブな形で昇華できれば良いですが、仲間内での注目を浴びるために万引きのようなことをしたり、女の子の場合は注目を浴びるために男性の関心をかおうと極端な性行動にでるかもしれません。また親が子どもに極端なストレスをかけさらにモラルなどを教えなかった場合、攻撃性が強まってしまって喧嘩やいじめを行ってしまうかもしれません。
こうしたことを防いでいくために構築をするべき家庭環境については理解を深めておきたいところです。

家庭内の落ち着き

まずこのような幼児教育のポイントとして、親が家庭内で落ち着いた環境を用意することがとても大切です。具体的には子どもを1人にする時間が少なく、夫婦仲が良いことと言えるでしょう。幼いうちから放って置かれた子どもは寂しさを抱えたまま大きくなってしまいますし、夫婦仲が悪く喧嘩が絶えないと子どもは不安を強く感じたまま大きくなってしまいます。

自立心を育む

また子どもの自立心を育むために、なんでも子どもに挑戦をさせそれを見守るような教育が大切です。自立心のない子どもは他人に迷惑をかけるような非行を自主的には行わないですが、それでも流されやすい子どもになってしまうので悪い仲間にそそのかされてしまうかもしれません。また自力で生きていく力が弱いので学校内などで上手く友人関係を築くことができずに不登校や引きこもりになってしまうリスクもあります。

親が手本になる

最も重要な指針としては、子どもに対して口うるさくあれこれと言うのではなく親が子どもの手本となるような生活を心がけましょう。基本的に子どもは親の真似をしたがる生き物なので、親がちゃんとしていればちゃんとした子どもが育ちます。

注目のカテゴリー

子どもの成長を左右する育児はキチンとしたい!
子どもの成長を左右する育児はキチンとしたい!

ぜひ読んで欲しいトピックス

予定管理しやすいシフト制勤務がおすすめ
予定管理しやすいシフト制勤務がおすすめ
育児も仕事も充実させよう!
「三つ子の魂百まで」は本当
「三つ子の魂百まで」は本当
子どもの成長を左右する育児はキチンとしたい!